日々のヒトコト。

趣味のハンドメイドのことや日々徒然




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




セールといわれると、つい… :: 2012/10/31(Wed)
昨日から某テディベア材料やさんで今年最後だというセール開始。
前回のセールの時は在庫切れだったものが入荷したというのを前にBlogで読んでいたので、
頼まなきゃーってことで発注(入荷したら送ってねのお願いはサクっと忘れられてるっぽかったので)

…まぁ案の定それだけで済むワケはなくてですね。
色々選んじゃったんですけどね。主にアルパカ系。

ううむ、売るほどある在庫がまた増えたぞ。
セールの時ってついつい…。ケースに入らんがな。




スポンサーサイト
  1. 旧Blog
  2. | comment:0




ウィーン版エリザ :: 2012/10/29(Mon)
先週の観劇は、ウィーン版ミュージカル エリザベート20周年記念コンサート。


6月に東宝版エリザのマテトートを観て、ちょっと消化不良だったのでこの日をとても楽しみにしていました。
日本語も頑張ってて良かったけど、やっぱり何がが足りない、と思ってしまったので。
(そしてその足りなさを埋めるのは言葉だと思っていたので)


マテトート、素晴らしかった!圧倒的でエネルギッシュな歌、そしてなんともセクシーなトート。
SuperLiveやL.Lで聴いてはいたけど、「エリザベート」という一つの作品を通して観ると、
本当にこれぞ!という感じ。誰をも惹きこむあの歌声。すごい、すごい、すごいの。
うまく表現できない、この自分のボキャ貧さが悔やしいくらい素晴らしかった。
日本版トートは長髪ウィッグにロングな衣装だけど、マテトートはなんともすっきりさっぱりした黒の衣装(笑)
まぁこれをそのまま日本人キャストにあわせたら、ちょっと襟元が派手な司会者…もしくは手品師…(笑)

そしてルカスの殿下っぷり。これぞプリンス!これがプリンス!!
やっぱり王子様に必須なのは長身・小顔、そして長い脚っ!これ大事!!
そんなルカスの王子様然としたルックスと確かな歌にうっとり。

トートとルドルフといえば闇広です。大好きなんですけどね、この曲。
トートの迫力とルドルフの苦悩。すごく良かった。
闇広で思い出すといえば、SuperLive。あの闇広も超絶素敵だったっけねぇ。
あのカッコイイ衣装の裾を翻して踊るあの姿…ってダンサーの話になってますがな。
いやーでもアレはホントにかっこよかったー。照明が後ろからあたって、浮かび上がる感じとか。ギャー。
今思い出すだけでも身震い。素敵だったよなぁ関さ(強制終了


話を戻します(笑)

これが最後のエリザベートとなるマヤ。
初めて聴いたマヤの歌声。もう何も言うことはない。素晴らしいのただ一言。
「わたしだけ」を歌い終えた時の客席からの止まない拍手がそれを物語っていた。
やっぱり歌える人に歌ってほしいよね、これは。ねぇ東○さん…。


シーンの構成とかもちょこっと入れ替わっていたり。
何かびっくりって、あの馬!あれがでてきた時の衝撃ったら(笑)
最初なんだこりゃ…とか思っちゃったんだけど、動きが効いててよかった。
日本でもやればいいのに。ちょっと演出間違ったらお笑いシーンだけど(そして間違っちゃいそうだけど)


前回観たロミジュリ同様、上手下手に日本語の字幕がでたんだけど、
その日本語訳の台詞が日本版とは結構違っていて驚いた。
日本版の方が全体的にソフトなのね。みんな自分勝手なこと言いつつも、
少しは相手に愛情なり優しさなりがある。
しかーし、このウィーン版。全員が全員、自分大好き&エゴ丸出し(笑)そう、全員超エゴイスト
だからこそ、人と人との確執が際立って、シシィやトートに入り込めるというか。
シシィは相当なエゴイストに描かれていたし、フランツだってかなりの策略家。
そんな感じなので、今回初めて皇后ゾフィの気持ちがよく分かったワタシなのでありました。
あれじゃ王家の将来も不安になるわ…。


素晴らしい演奏と歌声で、終わったあと少しぼんやりしてしまう位に圧巻な舞台だった。
ほんと素晴らしいものを観せていただいきました。日本にいながらこれが観れるとは、ありがたいことです。
うーん、CDでないかな…。








  1. 旧Blog
  2. | comment:0




ただつらつらっと :: 2012/10/29(Mon)
Blogを書いていない間、
人間ドツクに行ったり、納品に行ったり、観劇に行ったり…の週末でした。
観劇については、ホントよかったのでまた明日ゆっくり。

↓の文庫は、予想通り一気読みしてしまいました。
面白かった…映画も見にいってみようか。


…と特に面白いネタもとりたててない、のんびりとした週末。
あ、そうでもない。オットが長期出張から帰ってきて、山のような洗濯物と戦っておりました。
よりによってこの天気の悪い週末に(笑)






  1. 旧Blog
  2. | comment:0




2枚重ね :: 2012/10/24(Wed)
いつもと少し感じの違う子を作ってみているのだけど、
どうもしっくりこない。…まぁいつもと違うんだからそりゃそうか。

しっくりこないというか、なんか違うんだよねぇ。
もっとこう、この辺がこう…ねぇ?(って言われても

むーかんばれワタシ。



本棚を整理して隙間ができたのをいいことに文庫本購入(こうして棚はまた埋まっていく…
今度映画もやるコレ

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)
道尾 秀介

講談社 2011-07-15
売り上げランキング : 2081

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ワタシはわりと映像の原作ものって映像を観る前に読んじゃったりするんだけど、
一般的にどんなものなんですかね?どっちに重きを置くかってことか。
帰りのバスの中で少し読んだのだけど、これは一気読みな予感。

で、読んでいてふと気づいた。
カバーが2枚ついていることに。

20121024-1.jpg ほら!

あらやだそんなことあるのね、何、ちょっとお得な気分、みたいな(違
でもそういえば、カバー映画用の写真のだったよなぁ…今はいいけどさぁ…なんて思って、
よくよく見てみたら、2枚重ねの上のカバーは映画の写真で、下になっているカバーは通常版(↑のね)だった。

そ、そうか、映画の宣伝用か。もはや帯とかでは済ませないのね。
そんなカバー2枚つけるなんてミスしないか(笑)

20121024-2.jpg 今はこちらがメインのカバー。




  1. 旧Blog
  2. | comment:0




観賞用 :: 2012/10/22(Mon)
金曜日に発売だったのに本やさんにまだ無かったこの本、
本日購入。

冬の日の編みもの冬の日の編みもの
三國 万里子

文化出版局 2012-10-19
売り上げランキング : 57

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


素敵なデザインの大物か小物までたくさん!写真もよい雰囲気で美しく。
このセーターもいいなー。このカーデもいいなー。このストールもミトンもマフラーも…。

しかしどれもこれも編める気がしない(笑)

まさしく観賞用です。
いつか編みたいなーと思いつつ、次にMyママンに頼むのはコレだな…なんて勝手に計画したり。
とりあえず簡単なものから練習してみようと思ってはいるんですけどねぇ。はっはっは。





  1. 旧Blog
  2. | comment:0




本棚の整理 :: 2012/10/22(Mon)
本棚として使っている棚があるのですが、本が多すぎてキツキツになってしまっていて、
空いてる隙間に詰め込むような状態だった最近。それもギュウギュウ詰めに。
見た目も美しくないし、目当ての本を探すのも面倒になってきてしまったので、整理することに。

無印で収納ケースを購入して、文庫と漫画をバッサバッサと片付ける。
20121022-2.jpg

全6箱の内容は以下。…以下、って別に知りたい人いないと思う…ま、自分の備忘録的にね(笑)

・コーンウエルのシリーズ
・のだめカンタービレ
・動物のお医者さん+PLUTO
・ライジング+月の子
・ガラスの仮面その1(1巻~25巻)
・ガラスの仮面その2(26巻~最新巻)

6箱中5箱が漫画…(笑)
まだまだ片付けたい文庫本はあるのだけど、収納ボックスがなくなってしまった…。
でもかなり本棚スッキリ。空間も生まれたし。

…。


本屋行こっかなー(おい



↑で「バッサバッサと片付ける」とか書いてますけど、スミマセンです。
片付けの手順としては、


本棚から本を取り出す→順に並べて揃る→収納ボックスにしまう


…で、この収納ボックスをしまうべき場所にしまえば完了、なのですよ。本当は。
しかし、ワタシは落ちてしまったのです。本のお片付けのブラックホールに。


本棚から漫画を取り出す→巻数順に並べて揃る→収納ボックスにしまう…の後にですね、

→1巻読む→2巻読む→3巻…(エンドレス


終わりません、とにかく終わりません止まりません。気づいたら1時間以上読みいってしまっていた。
で、それはその日に限らず、ふと目についたら読み始めてしまうという…。寝る前とか。
……やっぱり整理してあると読みやすくっていいですね!(おい



写真を撮ったきり忘れていました。

20121022-1.jpg

最近のいただきもの。
中野のかわいくて美味しい飴やさん「papabubble」の飴。
いっきに食べるともったいないので、ちびちび食べてます~。
あ、溶けないうちに食べきりますよ!

そしてゴディバのオレンジ風味のチョコ。ハロウィンバージョンか。
オレンジ風味が美味しかったー。




  1. 旧Blog
  2. | comment:0




イベント参加のお知らせ :: 2012/10/18(Thu)
「BEARBEARBEAR2012」 10月20~27日  NUW

今年もbear展やっちゃいます★
沢山のいろーーんなクマが集まります。
テディーベアに編みぐるみ、フエルト人形に紙小物・・・。
クマの可愛さ再確認の、クマが主役のeventです。


浜松のSHOP、NUWさんで10月20日から開催されるイベント「BEARBEARBEAR2012」に参加します。
今回の委託作品は、先日載せた赤マフラーの別鼻の子と小物っぽいものを作ってみよう!をテーマに(個人的な)
ちょっと頑張って作ってみた”くまメジャー”…初挑戦です!
ほんとはも少し作って送り出したかったのだけど、最近バタバタしていて腰を据えて作業ができず、断念。

20121018.jpg  20121018-2.jpg

イベントにはたくさんのくまグッズが集まるようなので、
お近くの方はぜひお店の方へ足を運んでみていただけたら嬉しいです。
イベントの作品が通販対応するのかちょっと分からないのですが、
遠方の方で万が一、万が一にでも↑の子たちに興味を持たれた方がいらしたら、
お店にお問い合わせいただくか、ワタシ宛にコメントをくださいませませ。…余計な心配、か…?(笑)


で、またまたやってきました、芸術の秋第よん…(もういいって)
天王洲 銀河劇場にて「星めぐりのうた」を観てきました。
上島先生が演出・振付されている舞台。以下若干ネタバレ。たいしたコト書いてませんが。






上島先生だしダンサーさんも揃っているし、こりゃ踊るでしょ、
しかも歌い手さんとしてはアッキーや山崎育ちゃんが揃っているから歌も間違いない。
ということで、行こう行こうと思っていたのにイマイチ仕事の日程がつかめなくて、
ギリギリまで行くかどうか悩んでいた。いやーこれは観てよかった!



ストーリーは宮沢賢治の銀河鉄道の夜を原案に展開されていて、
わりとベタな…先の読める意外性のない展開だったんだけど(笑)
メインのお二人の歌が良かったし、そしてやっぱりダンスがね!
色々なタイプの踊りが観れて楽しかったー。そこここに先生っぽいわーというのもあり。

ちょいちょい突っ込みどころ…っていうか、心の中で笑ってしまった箇所も(←失礼
1幕の夕日を背に育ちゃんがジャケット肩にかけて振り向いて俺様っぽい笑みを浮かべるとことか(←笑うところではナイ
2幕のフランク莉奈さんのセリフ「今こそ渡れ!渡り鳥―!」とか。
↑じゃ何言ってるか、分かってはいただけないと思うのだけど、もうワタシ的にはツボ(笑)
家に帰る道すがら脳内をグルグル回ったのはこの「渡り鳥―!」のセリフだったし。

1幕2幕通して、ダンサーさんもたくさん踊られていて、ほんと楽しめたのだけど、
(殺し屋のダンスとか超かっこよかった)、最後の最後が大満足で。
先生あれやっちゃズルイよ…(←でもウレシイ)とコウノさんと2人、話しながら劇場をあとにしたのでした。

舞台上は本当にシンプルで何もなく(段差はあったけど)、映像を使って展開されていて、
視覚的にとっても面白い感じだった。途中酔うぞ、コレ…みたいなところもあったけど。

今回観て、あれ?と思ったのは山崎育ちゃんとフランク莉奈さんの歌声の不協和音っぷり。
声が合わないのか、メロディが合わないのか、音域のせいなのか分からないんだけど、
とにかく二人の歌声が重なると、かなり聴きづらかった。とにかく合ってなかったなぁ。
これはコウノさんも言っていたから、ワタシの気のせいではないと思うのだけど。
でもこの二人はロミジュリやったんだよねぇ…。うーん。


色々と突っ込みどころがあった(笑)舞台だったけど、
それの何倍も見どころ満載で、とっても楽しい舞台だった。
観に行ってよかったー。楽しかった!


どうでもいい話
先日、青山劇場が新国に次ぐ通った劇場だ、みたいなことを思いましたが、いやいや違った。
青山じゃないよ、銀河だよ。開演前コウノさんとちょっと懐古なトークをしたりして懐かしんだ。
(ワタシあまり懐古趣味はないのですが)
SuperLive、立ち見したよねぇ…なんて。立ち見なんて後にも先にもあれっきり(笑)
しっかしあれから5年もたっているとは…時の流れは早いのぅじいさんや(←誰


そしてまだ終わりではない今月の芸術のあ(強制終了





  1. 旧Blog
  2. | comment:0




週末観劇 :: 2012/10/14(Sun)
芸術の秋第3弾…というか、これから怒涛の(ワタシ的に、ね)観劇期間に突入。

金曜日は、裕也さんと大貫くんのダンス公演「XY2」を観てきました。
裕也さんのしなやかさと大貫くんの躍動力。踊りのタイプは違うお2人だけど、
そこはさすがの実力派。見事な融合で見応えのある舞台でした。
いやーしかし裕也さんの手先・指先の美しさったら。素晴らしい。
ダンスは素晴らしかったんですけどね…。冒頭のイメージ映像的なものと、
途中インタビュー映像は必要だったのか?ま、2人しかでない公演だし、あぁいうの必要なのか。
最初の裕也さんの映像、モノクロでかっこよかったんだけど、
どこぞの道を歩く裕也さんの後ろに映りこんでいた看板…「長寿庵
「長寿庵」て…。なんちゃんCAFEとかならまだしも長寿庵…蕎麦屋か。
そして途中のインタビュー映像はまるで「情熱○陸」的な感じで。
もういっそ、BGMに太郎流しちゃえ!みたいな(笑)

会場はDDD AOYAMA CROSS THEATER。DDDってついてるってことは、DDDの施設ってことか。
ほどよい広さのとても見やすいスペースでした。これからのDDDの公演はここでやるのかなぁ?

そして今日は渋谷シアターオーブにて「フランス版ロミオとジュリエット」観劇。
「日本版よりも踊る」と聞いて随分前にチケットをとっていたこの公演。
噂どおりダイナミックに踊られるダンサーさんたち。かっこいいー。
モンタギュー家は青、キャピレット家は赤に色分けされた衣装も素敵だったし。
男性も女性も妙に色気がありましてね…。かっこよかったなぁ。

しかしあれですね。学んだこのない言葉っていうのは、全くもってわからないものですね(笑)
英語ならまだ多少ニュアンス的なものは感じ取れるんだろうけど、
今回は「フランス版」なので当然フランス語。
もちろん字幕はでるけど、音だけだと本当に音。言葉じゃなくて音(笑)
ロミジュリはストーリー知ってるしまぁ問題なかったですけどね。

日本版とはまた違って、ちょっと大人な雰囲気のロミジュリ、とてもよかったです。


今月の観劇予定はまだあったりする…。ううむ、ないとは何もナイのに続くときは続くなぁ…。







  1. 旧Blog
  2. | comment:0




HP更新停滞中 :: 2012/10/12(Fri)
随分前からワタシのHPはリニューアル中なのですが。
(いやもう放置中っていうな、これは…)

おそらくまだしばらく放置プレイが続行されると思います。
というのも、PCを買い替えたんです。先月末に。
そしたら使っていたホールページ作成ソフトが古すぎてOSに適合しなかった…。

ということで、新しくソフトを購入しなきゃならんのです。え?ソフトを使わないで作る技術なんてワタシにはありませんよ!

ソフト買わなきゃ、買わなきゃと思いつつ、このまま年を越しそうな予感250%
いやいや、いかん、いかんぞよ!ここでサクサクと作業しないと、
もう来年の夏くらいまで何もしなくなるっ!
まぁソフト買ったところで、データがうまく移行できるかどうかっていうのが、
そこはかとなく不安だったりするのですが…。がんばろう…。



3月の恵比寿から今まで、ありがたいことに色々なくまイベント関係が長く途切れることなく、
製作の日々が続いていたのですね。
なので家での空き時間は縫い物。

そんなワケでついつい家でやることにしていた運動関係はサボリがちに。
いかんなぁ…と思いつつ、気づかないフリをしていました。
若干太ったのではなかろうか、ということには。
太ったっていうか緩んだっていうか…まぁとにかく運動不足だ。
で、少しでもいいから毎日!と思って運動も開始しているのだけど、むむー。
ヤバシ!と思ってこんな本も買ってやってみてるんだけど、むむむー。

Tarzan特別編集 30days of Exercise 30日でキレイをつくる vol.1 くびれ&バストTarzan特別編集 30days of Exercise 30日でキレイをつくる vol.1 くびれ&バスト
マガジンハウス

マガジンハウス 2012-09-27
売り上げランキング : 552

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本を買うのはすこぅし恥ずかしかったぞ…。

ちなみにこの本。3か月連続の発刊で、今月末には「美脚&ヒップ」、来月には「下腹&骨盤」がでるのだ。
これでアナタも3か月後にはナイスバディ(死語?) みたいな?←無理





  1. 旧Blog
  2. | comment:2




でてました! :: 2012/10/09(Tue)
本屋さんで目的の本を購入後に漫画コーナーの横を通ったら、ガラスの仮面49巻を発見。
なぜ会計前に気づかなかったのだ、ワタシよ…と思いながらもまた精算の列に並ぶ。

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)
美内すずえ

白泉社 2012-10-05
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


うーむ、ますます詩織さんがヤバいことになってきている。
あそまでいってどうやって収拾するのかなぁ…。
紅天女試演の方もちょっとずつ前には進んでいる模様。次の巻で試演上演までたどりつけるのだろうか。
というか次の巻は真澄様関係がなかなか荒れ模様になりそうですよ。
あ、49巻は聖さんと水城さんがグッジョブ!な巻でもありました。


買ってもしょうがないモノなんだけど、
とりあえず見て聴いてみたいコレ。

「ガラスの仮面」名台詞カルタ CD付き「ガラスの仮面」名台詞カルタ CD付き
美内すずえ/監修

白泉社 2012-10-05
売り上げランキング : 170

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

カルタ!(笑)

誰か買ってくれないかなぁ…なんて思っていたんだけど(買ってくれそうな人思い浮かばないけどさ)
「お」の読み札が「おーほっほっほ」だとレビューで読んだら、全部の札を見てみたくなった(笑)
ガラ仮ファンは心理をくすぐる、読み札っぽいんだよなぁ…。名セリフ(笑)満載だよ、きっと。
しかもメインの読み手が清水ミチコさん。
よくよく調べてみたら、カルタなのに50音全部ないのだと。あくまでも名台詞重視。
「あ」の札なんて5枚もあるんだってば!なんなんだ、こりゃ(笑)

しかし何故唐突にカルタ?ガラ仮よ、どこに向かっているのだ…。





  1. 旧Blog
  2. | comment:0



次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。