日々のヒトコト。

趣味のハンドメイドのことや日々徒然




スポンサーサイト :: --/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告




僕らの音楽。 :: 2007/03/31(Sat)
密かにこりゃ良い番組だわ・・・と思ってる「僕らの音楽」
アーティストがその時一番会いたい人をゲストに招いてトークする番組。

今日はレミオロメンの藤巻君が女優の蒼井優ちゃんを迎えてのトーク。
蒼井優ちゃんは好きな女優さんの一人だ。
かわいいのもあるけど、聡明さが感じられるのが良い。
今日の番組でもやっぱりそんなところが出ていて。
「女優の仕事は自分を切り売りするような作業だ」と言っていたのが印象深かった。
だから「10年後も続けているかわからない」と。
あらためてしっかりした考え方しているなぁこの人・・・と思った。
・・・若いのにねぇ(←オバサン入ってますよ!
今後の活動にも大注目である。


曲の演奏のほうの共演ではよしいさんが(←主目的)
新しいアレンジでの楽園を演奏されていた。
本人(藤巻君)も言っていたけど、藤巻君のイッパイイッパイ加減と、
よしいさんの余裕な笑顔の対比がなんとも面白い画であった。

藤巻君がよしいさんの武道館コンサート1日目に遅れて参加して、
どーしても最初の曲が聴きたくて次の日もまた観に行ったという、
「ザ・ヲタ」な行動を微笑ましく思った人は多かろう。かわいいなぁおい。


うん、やっぱり「僕らの音楽」充実した見応えのある良い番組だ。


スポンサーサイト
  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




タグ。 :: 2007/03/30(Fri)
どんなに小さな蕾でも 凍える冬を越えればほら
春が来るたびに 鮮やかな花が咲くのだから

朝ラジオから流れてきた、某男性デュオの歌。

・・・春咲く花の蕾は、冬越さないだろうよ。冬に蕾ないだろうよ。
いやまて、まだ芽吹く(って蕾の場合は言わないか?)前の
表面には出てこない段階で凍える冬を越すってことか・・・。
っていうか、それは蕾とは言わないだろう。じゃやっぱりこの歌詞は矛盾しているじゃん。
とか心の中で思って、我ながらひねくれてるなぁなんて考えていたら、
運転中のオットがヒトコト

「冬越す蕾は無いわなぁ」

アナタとワタシは思考回路が一緒なんですか。
このひねくれもの夫婦め!

・・・素直に聴けば良い曲なんですよ!本当は・・・。




tag.jpg


ふと気付いたらタグがあと10枚ちょっとしかなかった。
さすがに10枚じゃ足りないだろう・・・と大慌てで注文。
ワタシがいま使っているのは、幅6ミリのミニチュア用のもの。
これを使う前までは写真下のちょっと幅広テープのを使っていた。
こっちのが文字が刺繍だったりして良いのだけど、どーにもテープ幅が広くって。
これも1cmほどしかないんだけど、年々作るくまのチビ化が進んでいるワタシとしては、
もはやこれでも幅広テープ(笑)
頼んだテープは1セット120枚入りなので、まぁ2年は軽く持つだろう。

そして来週から・・・
santa.jpg

某ベア材料ショップのセールが始まるのだ。
あぁまた散財の予感・・・。




  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




食べてみた。 :: 2007/03/28(Wed)
chikuwapan.jpg

昨日購入した「ちくわパン」食べてみました朝食で。

パンはしっとり柔らかちょっと甘め。
チーズクリームもほどよく塩気があってまずまず。
ただね・・・。


ちくわがな!


ちくわが全てのハーモニーをぶち壊しているっていうか、ちくわいらねっていうか、
それを言ったらこのパンの存在意義って一体。
まぁなんとも不思議なものでしたよ、ちくわパン。

パン、チーズクリーム、ちくわ。
不味くない。不味くはないのだけど、口の中に響き渡る不協和音

思うに、ちくわが思ったより硬かったのが敗因かと(何の勝負だ)
もう少し柔らかければパンとチーズとの融合も可能だったのではなかろうか。
その辺を改良しての再びの登場を楽しみに待つ!
・・・って結局のところ気にいってるんじゃないか>ワタシ




まぁ待っていても次がくることはないだろう、とも思うのだがね(笑)



  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




こんなパンはどうでしょう。 :: 2007/03/28(Wed)
何故ワタシは「期間限定」とか「地域限定」とかの限定モノや、
ちょっとかわったモノを見つけると買ってしまうのだろうか。

今日買った一品。

P3280329.jpg


「ちくわパン」

その名のとおり、中にちくわの入ったパンである。
ちくわの中にはなんとクリームチーズ。
「チーズクリームの入ったちくわをまるごと入れたパンです」とのこと。

「××がまるごとはいった○○」というのは大抵「おいしい」イメージ
もたせるものだが(まるごとバナナとかね)
これに関してはもう奇抜さしか感じないんですけどどうですか。

食感があまり良くないのではないかなぁ・・・とか、
パンにちくわにチーズのとりあわせって・・・とかよく考えると、
どーなのよーとか思うんだけど。

スーパーの「お買い得賞品」的なワゴンにわんさと積まれて、
哀愁すら漂っていたいたこの「ちくわパン」
ついつい買ってあげたくなっちゃったのよ。30%引きだったし。
・・・1個しか買わなかったけど。

さぁお味のほうはいかに。この続きはまた明日(笑)


袋の下のほうに
「※写真はイメージです。ちくわとチーズクリームが入っておりますが、
写真とは若干異なる場合があります」と書いてあるがどーいうことだ。
パッと見そんなに違いは・・・あぁクリームの量か!
写真みたいにチーズクリームぎっちり入ってないのよってことか!
こんな断り書き、袋の表面に書かなくても裏にちろっと書いておけばいいのに・・・。
この↑文と、商品名「ちくわパン」の和的な文字、笹(多分)のイラストに
なんともシュールなものを感じるワタシ。
・・・というかこの「ちくわパン」の存在自体シュールだな。
でもワタシはこういうのが大好きなんです、はい。

このちくわパン、期間限定でも地域限定でもないけど、
今後お目にかかることはなさそうな、そんな予感(笑)

販売元は某製パン会社だけど、この企画よく通ったな。
これに続く製品として、チーズハンペンパンとか、カニカマロールとか、
つみれデニッシュとか・・・いやそれはどうだろう。




  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




走る走る走る。 :: 2007/03/26(Mon)
今日は品川の本社で開催される講習会に参加するのでゆっくりめの出社。

ゆっくりだと楽でいいわん♪なんて思いながら駅へ向かって歩く。
さ、iPod君で音楽でも聴いていこうっと・・・あり?あり?ない。
うっ忘れましたか、ワタシ!今日は移動時間が結構多いというのに!
がびーんしょっくーな気分で電車に乗り込む。ちぇー。
んが。こんなことにがっくりしている場合ではなかった。

乗換え駅につくと何やら放送が。
なんとワタシが乗るべき電車が架線事故だかなんだかで全線運休になっていると!
ぎょえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
遅刻はマズイよ、遅刻はマズイよ、遅刻はマズイっすよ!
最寄の京急線の駅まで激走。電車が遅れていたのが幸いしてなんとか乗り込めた。
ラッキーこれなら間に合うかも・・・と思ったのも束の間。

電車がとまってしまった

全体的に遅れてしまっていたので、前の電車が詰まっているから停止信号がでたとかで。
は、早く・・・頼むよ、頼むよあと20分しかないんだよぅ。
ちなみに待ち合わせ時間にはあと5分しかないんだけど、これはもう無理だ。
そう、ビルの1階で上司と待ち合わせていたのだ。
遅れる旨を連絡したいのだが、電車の中だし。っていうか車内がぎゅうぎゅう詰めで、
携帯を取り出すことができない。身動き不可。

もうこれは念ずるしかありません。早くつけと。
ワタシの念が通じたのか(違)待ち合わせ5分遅れで駅に到着。慌てて電話。
「す、すみません、今駅着いたんであと5分(←結構サバよみ)で行きますからっ!」

そしてまた激走。京急品川駅からJR改札前の通路をアトレ方面に向かって激走。


・・・。
今日は朝から春めいた陽気だったんですよ。
昼もポカポカ陽気になるとかって。
もうブーツじゃなぁ・・・ってことで今日からパンプスにしたんです。
そして今日の靴は、前日買ったばかりのおNEWの靴で。
うー、カワイイぜ!とか思って買った靴で。
その靴の初日がこの激走。なんてこったい。痛むよ、かかとが痛むよぉ。

今日おろしたての靴だったのでまだ足になじんでいないというか。
品川激走時、すぽっと脱げてしまった。
靴が脱げたって急に止まれるってもんじゃあない。慣性の法則だ(ん?違う?
そのまま3、4歩進んで止まったワタシ。振り返ると靴がぽっつーんと。
足早に歩く人はみんなその靴を避けている。さ、さみしい・・・誰か突っ込んで(誰が?
都会の冷たい空気を肌で感じつつ靴を履いて、再び激走。


まぁなんとか無事に講習は受講できたのですがね。
しかし疲れた1日だったなぁ。





  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




押尾さん。 :: 2007/03/26(Mon)
押尾さんのツアー最終日東京公演を観るために国際フォーラムへ。

いやー久しぶりにみた押尾さんでしたが。かっこよかったー。
新しいアルバムの曲はもちろん良かったのだけど、
やはりHardRainだなと。

ワタシ的押尾さんかっこいい要素がHardRainには凝縮されているのだ。
思うにワタシはこれを聴きたい観たいがために押尾さんのライヴに行くのではないかと。
他のどんなに良い曲よりも心を揺るがす。トリハダものだし。
最初のフレーズ聴いただけで震える、いやホントに。

今日のライブの模様はWOWOWでの放送するそうだ。
WOWOOWで放送するならDVDは買わなくても良いわね・・・と思っていたら!
とある曲の時にウエイブをした。それをDVDに収録用にステージから撮ったのだ。
で、ウエイブは32公演全公演で撮っていて、それを「ウエイブ・コンプリート」(・・・とか言ってた)
としてDVDに収録するのだと。
なんだそれ!なんだそれ!観たいじゃん!面白そうじゃん!
もちろんWOWOW放送ではやらないのよ、ね・・・?むむむこの商売上手!
買うよ、買うよ、買わせていただくわよ!

WOWOWの放送はいつなのでしょうねぇ。楽しみです。


今日のライヴとても楽しかったのだけど、
実のところアルバム「Coler of Life」はそんなに聴きこんではいない。
ちょっと違うんだよなーとか思ったりしていたので。
でもやっぱりライヴで聴くと全然違う!あらためてCD聴きなおそう!と思ったり。
(・・・でもCDは友達のところに行ったまま帰ってこない・・・)


■追記■
ウエイブ収録前に練習をしたのですが。
劇場の椅子ってはねあげるタイプじゃないですか、大抵。
でウエイブで立った拍子に椅子が折り畳まれたんですね。
何も考えずに座ろうとしたワタシは、
結構な勢いでたたまれた椅子(固い部分)に座りお尻強打。
今でもまだ痛いっす。こりゃ打撲気味だよ、きっと・・・。
名誉の負傷(違)を負ったウエイブ、見ないわけにはいかないよ!
ってなワケで、やっぱりDVD購入は決定事項(笑)





  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




染めた。 :: 2007/03/25(Sun)
朝から天気もイマイチだった昨日。

「今日やるっ!」と思い立った。思い立ったらすぐ行動あるのみ。
天気が悪いとかもうどーでもいい(笑)
染めます染めます♪

まず、ためにためた「タマネギの皮」どどんとスーパービニール袋一袋分。

TAMA1.jpg


染色本で手順を読みながら作業をすすめる。
袋に皮をつめてゴムでとめる、と。
・・・どの位つめるんだろうか。ぎゅうぎゅうに入れる?
ま、いっかテキトウで(←得意

本に書いてある分量と共にボウル(正確には洗い桶)に入れて火にかける。

tama2.jpg


・・・なんか水少なくね?と本を見ると。
あぁっ見るところが違った!これは矢車玉のページだよ!
と、大慌てで「たまねぎ」のページを見直す。
うっ!水をあと3ℓも入れないといけないじゃん!しかも皮の分量も倍くらいいるよっ!
大慌てで追加。事前の手順確認は大切ですよ、キョウコちゃん。

tama3.jpg

本当は水をあと1ℓ入れないといけないのだけど、どう考えても無理めなので、
追加の水は2ℓでヨシとした。ま、なんとかなるってもんよ。うんうん。

ぐつぐつと煮込むこと20分。なんだか中国茶のような香りがキッチンに充満。
そしてモヘア投入。

tama4.jpg


さらに20分煮込み、一度取り出して媒染材として木酢酸鉄をボウルに加える。

 糸とまたは布の重さの20倍量の水に、濃色で糸または布の重さの15~40%、
 中色で5~15%、淡色で2~5%加えます。


・・・との表示。えーっと、水が最初に4ℓ、加えたのが3ℓで・・・、
モヘアの重さがアレが1枚45gであれが・・・。
えーーーーっと、で、タマネギって淡色なの中色なの?
っていうか布の重さの20倍の水なんてもう加えられんぞ。
考えること1分。

ま、テキトウでいっか(←本当に得意
んーそうねー水は1ℓ、木酢酸鉄は4gってとこだな(←根拠全くナシ

水に木酢酸鉄を溶かし、ボウルに加えて、ひとまぜしてモヘア再投入。

うっ!こ、これは・・・。
tama5.jpg


イカスミかっ!という位真っ黒くろすけな液体に大変身。
だだだだ大丈夫か・・・。
まさか真っ黒になったりしないよね・・・と思いつつ10分煮込んで2時間放置。

2時間後ワシワシと水洗いし、天気が悪い中干す。
そして完成。あぁなんて時間のかかる作業なんでしょう。
染め上がったモヘアはこちら。

tama6.jpg


左からアンティークビスコースの白、
スパースモヘアの白、
ちょっと毛の密なモヘアのクリーム・・・を染めたもの。
写真では白っぽく写ってしまっているけど、ビスコースはカーキっぽい色合いに
スパースのものは濃いカーキに染まっています。
なかなか良いカンジです。
ビスコースは毛の流れも良い雰囲気にモジャった仕上がり。
これでアンティーク風のコを作る予定(あくまでも予定)

あ、クリームのモヘアは渋いカンジの明るい茶に染めあがり(どんな色・・・)
これでちょっと大きめ(って言っても25㎝前後)のコを作ろうっと。

初めての草木染めはなかなか楽しかった。
次は随分前にいただいて「飲むのはちょっと・・・」な紅茶を使って染めてみよう!
なんていったって、まだ大量にあるのだよ木酢酸鉄が・・・。
(1回5g計算であと39回分・・・)




  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




電王。 :: 2007/03/24(Sat)
巷でなかなか好評な「仮面ライダー電王」
ワタシも毎週楽しみにしていたりします。

ライダーシリーズにしては珍しく主役の男の子の芝居がしっかりしているのが良い。
一人何役やらせるんだよ!てな具合なのでここに「あいたたた・・・」な人もってくると、
それでもう全てがアウチだからねぇ・・・。
女子チームも好きなタイプです(笑)基本的にスレンダーな女子が好きなワタシ。
ちなみに「ゲキレンジャー」のメレも良いです。ムダに肩だしてる(笑)衣装も良いです。
(ゲキも見てるのか!オマエは!とかいうツッコミはナシで)
あ、ゲキレンジャーでワタシが一番好きなのは理央様。
主役のレンジャーよりもイケメンだ。美形悪役。朝から奥様方のハートをロックオンだ(笑)
理央様は見たいが、最近「ニキニキニキニキ朝からうっとうしい・・・」とか思ってきちゃったので、
そのうち見なくなるかもしれません(というか起きられないんだろ、とかいうツッコミもナシで)

あ、それで電王。
電王ご出演中の某役者さんBlogに写真が掲載されていた。
その写真の真ん中にうつっているのは未だテレビ放送では出てきていないお方。
金ぴかで首周りにファーみたいなのを巻いているこれは何。

桃太郎、浦島太郎、ときたら、次はきっと・・・とは思っていたが。やはりそうなのか!
だから金ぴか。良太郎の思考回路の単純さに涙がでそう(笑)

そう三人目はマサカリかついでる、あの人ですよ。あの人。きっと。
その某役者さんがご出演される舞台「フロッグとトード がま君とかえる君の春夏秋冬」が
この夏に再演だそうだ。
ものすごく楽しい舞台だったので見に行きたいわぁ・・・博品館だしーとか思っていたら!
夜公演の回数少なっ!さすが子供向け!さすが夏休み中!
チケット予約しなくちゃん。

「フロッグとトード」かなりオススメですよ、ホント。



  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:1




ブラック登場。 :: 2007/03/24(Sat)
前々から気になっていた「男前豆腐ブラック」
スーパーでお安くなって売っていたのでチャンス!と思い買ってみた。
ブラックの名の通り、黒いパッケージ。期待が高まります。

OTOKO.jpg


早速夕飯で食することに。
パッケージ、オープーン!

OTOKO2.jpg

普通の男前豆腐と同じように布状のものに包まれているけど、
ちょっと薄汚れている・・・いやブラックだもんね。うんうん。

布オープン!

OTOKO3.jpg


・・・なんかこれって・・・食をそそらない形状(色)だなぁ。
とりあえず皿に移してみましょう。

OTOKO4.jpg


うーーーーーーーーーどうなのこれ。
パッと見た時頭に浮かんだのは「油粘土」もしくは「砂を混ぜた紙粘土」。
どっちにしても粘土かい。

黒豆を使用した豆腐なので、ブラックなのね。
中途半端な色あいが微妙。グレイな豆腐。むむむ(笑)
胡麻どうふとはまた違うカンジなんだよねぇ・・・ってアレは豆腐じゃないけどさ。
まぁ真っ黒だったらだったでまた、食べる気なくすんだろうが(笑)

ちなみにお味は・・・ワタシは普通のお豆腐のが好きです、はい。




  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0




スケート男子。 :: 2007/03/22(Thu)
世界フィギュア男子、今日はフリーの演技。

フィギュア、女子はよく見るのだけど男子は日本の選手が滑っていれば見るかな・・・くらい。
今日は珍しくじっくり見てみた。

ワタシの目を引いたのはステファン・ランビエール選手。
何が驚いたって、この人が21歳だということにびっくりしたのだけど(笑)
勝手に28歳だと思っていた(←この思い込みはどこから

今日のフリーの滑り、1つの物語を観ているようで、
ジャンプに少しミスはあったりしたものの、そんなこと感じさせない雰囲気、表現力。
なにあの色っぽさ、艶っぽさは。最後まで目が話せずだった。
観客の完成も一番大きかったのではなかろうか。すんばらしい演技であった。

日本の高橋選手も雰囲気のある方だとは思うんだけど。
今日の彼の演技、良かったとは思うんだけど、つい曲の方に集中してしまい・・・。
高橋選手の使ったのは「オペラ座の怪人」の楽曲で。
「やっぱりオペラ座の怪人はいいよ・・・」とスケートを見つつも思いはそちらに(笑)
名曲を使うのもどうかと。いやそれに負けないくらいの滑りを期待しているよ、高橋選手!




  1. 旧Blog
  2. | trackback:0
  3. | comment:0



次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。